HOME   »  MLBドラフト
RSSフィード

 

 

こんにちは(^^)

 

現地2016年6月9日、MLB ドラフト2016が行なわれた。全体1位はMLB.comの解説でお馴染みのジョナサン・メイヨが予想した通り、ハイスクールの外野手、ミッキー・モニアックがピックされました。

 

 

ファースト・ラウンド(1巡目)ピックの面々はご覧の通り。

 

 

筆者が注目していた長身左腕で豪速球をなげるAJ・プークは全体6位でビリー・ビーンGMのオークランドが指名しました。

 

 

セイバー・メトリックス的な思考を使わずとも誰が見ても上位指名だっただけに、6番目まで残っていたのは脅威ですね。『マネー・ボール』の時のように、各GMとコンタクトしっぱなしだったのかもしれませんね。

 

 

2016 FIRST ROUND
NO.TEAMPLAYERPOS.SCHOOL
1.PhiladelphiaMickey MoniakOFLa Costa Canyon HS
(Carlsbad, Calif.)
2.CincinnatiNick Senzel3BTennessee
3.AtlantaIan AndersonRHPShenendehowa HS
(Clifton Park, N.Y.)
4.ColoradoRiley PintRHPSt. Thomas Aquinas HS
(Overland Park, Kansas)
5.MilwaukeeCorey RayOFLouisville
6.OaklandA.J. PukLHPFlorida
7.MiamiBraxton GarrettLHPFlorence (Alabama) HS
8.San DiegoCal QuantrillRHPStanford
9.DetroitMatt ManningRHPSheldon HS (Sacramento)
10.Chicago White SoxZack CollinsCMiami
11.SeattleKyle LewisOFMercer
12.BostonJason GroomeLHPBarnegat (N.J.) HS
13.Tampa BayJosh Lowe3B/RHPPope HS (Marietta, Georgia)
14.ClevelandWill BensonOFThe Westminster Schools
(Atlanta)
15.MinnesotaAlex KirilloffOFPlum HS (Pittsburgh)
16.L.A. AngelsMatt ThaissCVirginia
17.HoustonForrest WhitleyRHPAlamo Heights HS (San Antonio)
18.N.Y. YankeesBlake RutherfordOFChaminade College Prep
(West Hills, Calif.)
19.N.Y. MetsJustin DunnRHPBoston College
20.L.A. DodgersGavin LuxSSIndian Trail Academy
(Kenosha, Wisconsin)
21.TorontoT.J. ZeuchRHPPittsburgh
22.PittsburghWill Craig1BWake Forest
23.St. LouisDelvin PerezSSInternational Baseball Academy
(Puerto Rico)
24.San Diego
(Justin Upton)
Hudson Sanchez3BSouthlake (Texas) Carroll HS
25.San Diego
(Ian Kennedy)
Eric LauerLHPKent State
26.Chicago White Sox
(Jeff Samardzija)
Zack BurdiRHPLouisville
27.Baltimore
(Wei-Yin Chen)
Cody SedlockRHPIllinois
28.Washington
(Jordan Zimmermann)
Carter Kieboom3BWalton HS (Marietta, Georgia)
29.Washington
(Ian Desmond)
Dane DunningRHPFlorida
30.Texas
(Yovani Gallardo)
Cole RagansLHPNorth Fla. Christian
(Tallahassee, Florida)
31.N.Y. Mets
(Daniel Murphy)
Anthony KayLHPConnecticut
32.L.A. Dodgers
(Zack Greinke)
Will SmithCLouisville
33.St. Louis
(John Lackey)
Dylan Carlson1BElk Grove (California) HS
34.St. Louis
(Jason Heyward)
Dakota HudsonRHPMississippi Stat

 

 

 

 

 

 (2016年6月9日)

 

 

 

 

■あのU18の決勝に出て、2得点に絡んだ選手


 

このミッキー・モニアックですが、出ていました!! 早実の清宮幸太郎君が1年で代表入りし、中京大中京の上野投手がナイス・ピッチングをしたU18 2015の決勝のアメリカ代表として。

 

 

モニアックは2番RFで出場。このゲームは2−1でUSAが勝ったのですが、3回に入った2得点にこのモニアックがからんでいます。

 

 

1点めは佐藤投手のスローイング・エラーを誘発したピッチャー・ゴロを打ったのがこのモニアックです。2点めは勝俣選手があと一歩及ばず2塁打としてしまったシーンでホームを踏んだのがこのモニアックでした。

 

 

 

 

 

 

(関連リンク)

 
 
 
 


 

 ハイスクール出身の野手は早くて2年後、怪我などがあれば4年後くらいのデビューが多いです。モニアックはハーパーのように10代デビューとなるか!? アストロズのコレアのように、しっかりと体力もつけて上がって欲しいですね。

 

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

スポンサーサイト



2016 06 10 draft

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは(^^)

 

 

いよいよ現地2016年6月9日から11日までMLBドラフトか始まります。

 

 

今年の1st ピックはフィリーズから。 

 

 

注目されているのが、外野手のミッキー・モニアック(Mickey Moniak)。いい外野手です。

 

 

 

 (2015年5月6日)

 

 

 

 左腕のA.J.プーク(A.J. Puk)も注目れています。この人は超大型左腕。球も速いです。

 

 

 

(関連リンク)

 

MLB ドラフト2016のオーダー順
 


 

 

今年のドラフトはどんな展開になるのでしょうか?マネー・ボールを読みきってあまり時間が経っていない状態なの余計に楽しみです。

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

こんにちは(^^)

 

現地2015年6月8日、ファーストイヤー・ドラフトが行われ、ヴァンダービルト大学のショートストップ、ダンスビー・スワンソンがDバックスから全体1位でピックされました!

 

Congratulations!

 

 

 

2015 06 09pick1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年のドラフトは上位3人がショートストップという、将来の内野手のスター候補を物色するような内容となりました。スワンソンか全体3位のロジャースかというところでしたが、Dバックスが選んだのはスワンソンでした。



昨年ブレイディー・エイクンと契約しなかったアストロズもショートストップをピックです。2012年にカルロス・コレイアをピックしてデビューさせたところなんですけどね。

 

 

 

 (2015年6月8日)

 




■1巡目ピックのリスト

 

今年の1巡目ピックは以下の選手になります。どのクラブがどのポジションの選手をピックしているかがなかなか興味深いです。

 

 

 

FIRST ROUND PICK

NO.TEAMPLAYERPOS.SCHOOL
1.ARI

Dansby Swanson

(ダンスビー・スワンソン)

SSVanderbilt
2.HOU
(Brady Aiken)

Alex Bregman

(アレックス・ブレグマン)

SSLSU
3.COL

Brendan Rodgers

(ブレンダン・ロジャース)

SSLake Mary (Fla.) HS
4.TEX

Dillon Tate

(ディロン・テート)

RHPUC Santa Barbara
5.HOU

Kyle Tucker

(カイル・タッカー)

OF

Plant High School,

Tampa, Fla.

6.MIN

Tyler Jay

(タイラー・ジェイ)

LHPIllinois
7.BOS

Andrew Benintendi

(A・ベニンテンディ)

OFArkansas
8.CWS

Carson Fulmer

(カーソン・ファルマー)

RHPVanderbilt
9.CHC

Ian Happ

(イアン・ハップ)

OFCincinnati
10.PHI

Cornelius Randolph

(コーネリアス・ランドルフ)

SSGriffin (Ga.) HS
11.CIN

Tyler Stephenson

 

CKennesaw Mountain HS,
Kennesaw, Ga.
12.MIA

Josh Naylor

 

1B

St. Joan of Arc Catholic,
Mississauga,

Ontario, Canada

13.TBR

Garrett Whitley

 

OFNiskayuna (N.Y.) HS
14.ATL

Kolby Allard

 

LHPSan Clemente (Calif.) HSl
15.MILTrenton ClarkOF

Richland HS,
North Richland Hills,

Texas

16.NYYJames KaprielianRHPUCLA
17.CLEBrady AikenLHP

IMG Academy,

Bradenton, Fla.

18.SFGPhil BickfordRHP

College of Southern

Nevada

19.PITKevin NewmanSSArizona
20.OAKRichie MartinSSFlorida
21.KCRAshe RussellRHPCathedral High School,
Indianapolis
22.DETBeau BurrowsRHP

Weatherford (Texas)

High School

23.STLNick PlummerOFBrother Rice HS,
Lathrup Village, Mich.
24.LADWalker BuehlerRHPVanderbilt
25.BALDJ StewartOFFlorida State
26.LAATaylor WardCFresno State
27.

COL
(Michael

Cuddyer)

Mike NikorakRHP

Stroudsburg (Pa.)

High School

28.

ATL
(Ervin

Santana)

Michael SorokaRHP

Bishop Carroll HS
Calgary,

Alberta, Canada

29.

TOR 
(Melky

Cabrera)

Jon HarrisRHPMissouri State
30.

NYY
(David

Robertson)

Kyle HolderSS

University of

San Diego

31.

SFG
(Pablo

Sandoval)

Chris ShawOFBoston College
32.

PIT
(Russell

Martin)

Ke'Bryan Hayes3BConcordia Lutheran HS,
Tomball, Texas
33.

KCR
(James

Shields)

Nolan WatsonRHPLawrence North HS,
Indianapolis
34.

DET
(Max

Scherzer)

Christin StewartOFTennessee
35.

LAD
(Hanley

Ramirez)

Kyle FunkhouserRHPLouisville
36.

BAL
(Nelson

Cruz)

Ryan MountcastleSS

Hagerty HS,

Oviedo, Fla.

 

 

 

COMPETITIVE BALANCE ROUND A
NO.TEAMPLAYERPOS.SCHOOL
37.Houston
(from Miami)
Daz CameronOFEagles Landing High School,
McDonough, Ga.
38,ColoradoTyler Nevin3BPoway (Calif.) High School
39.St. LouisJacob WoodfordRHPPlant High School, Tampa, Fla.
40.MilwaukeeNate KirbyLHPVirginia
41.Atlanta
(from San Diego)
Austin Riley3BDeSoto Central High School,
Southaven, Miss.
42.ClevelandTriston McKenzieRHPRoyal Palm Beach (Fla.) High Scho


 

 

 

(関連リンク)

 


 

 

 

■1巡目ピックにヴァンダービルト大学が3人


 

アメリカでなかなかの旋風を巻き起こしているのがヴァンダービルト大学。今ドラフトで1巡目ピックがなんと3名。ここは新興大学かとおもいきや、南部の名門私立大学でした。

 

このヴァンダービルト大学は政治家では元副大統領のアル・ゴアの出身校。MLBでは名だたる名選手を排出しています。まずは2007年全体1位のデビッド・プライス。少しさかのぼりますと、元カブスの右腕マーク・プライアー、現パイレーツのペドロ・アルバレス、現ブレーブスのマイク・マイナー、現オリオールズのライアン・フラハーティ、現アスレチックスのエース、ソニー・グレイなど。

 

 

 

ヴァンダービルト大学は昨シーズンのカレッジ・ワールドシリーズで優勝。来年もどうやら上位にここの大学の選手が指名されそうです。

 

 

ソニー・グレイの大学当時のブルペンの模様です。

 

 

 

 

 

 

 

明日、明後日もドラフトは開催されており、3巡目以降が決まります。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

こんにちは(^^)

 

 

現地2015年6月8日、いよいよ2015年のファーストイヤードラフトが開かれます。8日は2巡目の戦力均衡Bまで。9日は3巡目から10巡目、10日は11巡目から40巡目まで。

 

 

今年は野手が全体1位になるのではないかと見られています。

 

 

SSのダンスビー・スワンソン、ブレンダン・ロジャース、RHPカーソン・フルマー、SSアレックス・ブレグマン、RHPディロン・テイト。サプライズでもないのですが、昨シーズンアストロズが全体1位で指名しながらも肘の故障で契約を見送ったブレイディー・エイクンも上位にくるものと思われます。




 

 

 (2015年6月5日)

 

 

 

 

 

 

(2015年6月3日)

 

 

 

 

(関連リンク)

 
 
 
 


 

 

■2015年のドラフトの1巡目の順番


 

MLBドラフトは完全ウィーバー制ですので、前年一番勝率の低かったクラブから指名することができます。2014年に一番負けたクラブはDバックスの64勝98敗。

順番に右に流して行きますと、、、、

 

 

ARI−COL−TEX—HOU—MIN—BOS—CHW—CHC—PHI—CIN—SDP—TBR—MIA—ATL—NYM—MIL—TOR—NYY—CLE—SEA—SFG—PIT—OAK—KCR—STL—DET—LAD—BAN—WSH—LAA・・とこのような順番になります。98勝のエンゼルスが一番最後です。

 

それをもとに見ていきますと、こうなります。

  


First Round 


1Arizona Diamondbacks
2Houston Astros (Compensation for not signing 2014 No. 1 overall pick Brady Aiken)
3Colorado Rockies
4Texas Rangers
5Houston Astros
6Minnesota Twins
7Boston Red Sox
8Chicago White Sox
9Chicago Cubs
10Philadelphia Phillies
11Cincinnati Reds
12Miami Marlins
13Tampa Bay Rays
14Atlanta Braves
15Milwaukee Brewers
16New York Yankees
17Cleveland Indians
18San Francisco Giants
19Pittsburgh Pirates
20Oakland Athletics
21Kansas City Royals
22Detroit Tigers
23St. Louis Cardinals
24Los Angeles Dodgers
25Baltimore Orioles
26Los Angeles Angels

  




まず、アストロズは、2014ドラフトでブレイディー・エイクンを指名しましたが、肘の状態が思わしくないということで、契約しませんでした。昨シーズン、1位の選手と契約できなかったということで、2番目に指名することができます。


アストロズは本来の順位の5番めでも指名できます。そして、すべてのクラブがここまで出たわけではありませんが、FAで有名選手を獲得したことでドラフト1巡目の放棄、あるいは出した側の指名権発生などの一連の処理が以下のCompensation(埋め合わせ)で行われます。


 

Compensation Picks


 

27Colorado Rockies (Michael Cuddyer - signed with the Mets, who forfeited their first-round pick)
28Atlanta Braves (Ervin Santana - signed with the Twins, who forfeited their second-round pick)
29Toronto Blue Jays (Melky Cabrera - signed with the White Sox, who forfeited their third-round pick)
30New York Yankees (David Robertson - signed with the White Sox, who forfeited their second-round pick)
31San Francisco Giants (Pablo Sandoval - signed with the Red Sox, who forfeited their second-round pick)
32Pittsburgh Pirates (Russell Martin - signed with the Blue Jays, who forfeited their first-round pick)
33Kansas City Royals (James Shields - signed with the Padres, who forfeited their first-round pick)
34Detroit Tigers (Max Scherzer - signed with the Nationals, who forfeited their first-round pick)
35Los Angeles Dodgers (Hanley Ramirez - signed with the Red Sox, who forfeited their Competitive Balance Round B pick)
36Baltimore Orioles (Nelson Cruz - signed with the Mariners, who forfeited their first pick)


    

マイケル・カダイアーを出したロッキーズはここでカダイアーを獲得した側のメッツの権利を取得して27番目で再び指名できます。


その他も同じ理屈です。28番目のブレーブスはアービン・サンタナを放出したツインズの埋め合わせで指名権を獲得。後もそうです。34位の指名のタイガースは、マックス・シャーザーを獲得したナッツの指名権をここで獲得しています。

 


Competitive Balance A



 

37Houston Astros (via trade with Marlins)
38Colorado Rockies
39St. Louis Cardinals
40Milwaukee Brewers
41Atlanta Braves (Via trade with Padres)
42Cleveland Indians


 

1巡目と2巡目の間で戦力均衡のバランスを取ります。それがCompetitive BalanceA。2巡目と3巡目にもこれはあります。これは2013年から始まっています。

 

 

ここまで出てきていないクラブがナッツとマリナーズ。2クラブともに昨シーズン強かったというのもありますが、FAでいい選手を取り過ぎました。ナッツの1巡目はセカンドラウンドが始まってからの全体順位58番目、マリナーズも同じく60番目まで1巡目がないという。2巡目なのに1回めの指名とはちょっと経営陣とすればやるせないですね。

 

 

来年2016年はカブス、ホワイトソックス、パドレスなどは今年いい選手を取り過ぎましたので、この運命になります。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

 


e6Amazon タイムセール

 

こんにちは(^^)

 

現地2014年7月18日(金)、アストロズは今ドラフトで全体1位で指名した17才左腕のブレイディー・エイクンと契約が成立しなかったと発表しました。

 

中部時間18日金曜日の午後4時までに契約しないといけなかったのですが、その期限を過ぎてしまいました。

 


【動画】Aiken on 2014 Draft



関連記事
【MLBドラフト2014】NO.1ピックは17才左腕

2014.06.07

 

ファーストラウンド・ピック(1巡目)の選手との契約が成立しないケースはたまにあるのですが、オーバーオール・ピック(全体1位)の選手との契約が決裂するのは非常に珍しいことです。

 

1971年1983年以来のことで今回が3人目。

 

1巡目を拒否する場合は、たいていは進路の問題。高校出の選手がカレッジに進学するとか、カレッジの3年生が4年目のシーズンも大学でプレーするという名目が多いです。とはいいとつつも、実際は契約金額の決裂といったことも多いのではないかと思います。

 

今回、アストロズはエイクンに対して650万ドルのボーナスを提示し、双方合意していたのですが、なんと決裂になった理由はフィジカル面。

 

エイクンのヒジに故障の疑いがあり、フィジカル・チェックをクリアーできなかったということで、むしろアストロズ側が契約を見送ったとの見方をしていいと思います。

 

クラブとしても大事なことですから、こういう事態があってもしかるべきです。よほど大きな問題を抱えていたのか?、それともクラブ側がただ官僚的にチェックすべき1、2項目にチェックが入っていなかったという理由で拒否したのかはさだかではありません。ただ、治る見込みがあったらどうするのでしょうか?

 

判断は難しいところですが、エイクンはショックでしょうね。

 

有望な左腕がこの時期からカレッジへ進学できるのか?それも微妙なところですが、まずはエイクンに頑張ってもらいたいと思います。

 

全体1位を獲れなかったのはアストロズの戦略としても痛手です。今のナショナルズがこの強さを誇っているのは、ドラフトでいい選手を獲れたからです。そのパターンから行くと、アストロズはちょっと計算が狂いましたね。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ


draft 2014 Jun. 05 22.42

 

 

こんにちは(^^)

 

現地2014年6月7日3日間にわたって行われた、MLBファースト・イヤー・ドラフトが終了し、40巡目まで合計1,215人の選手がピックされました。

 

その中での1番のサプライズ指名はやはりテキサスA&M大出身のNFLクリーブランド・ブラウンズのQB、ジョニー・マンジール(Johnny Manziel)でしょう。パドレスから28巡目、全体順位837位で指名を受けました。

 

マンジールは先月はじめ5月9日にクリーブランド・ブラウンズから指名を受けたばかり。今年のNFLドラフトの全体1位の候補にも上がっていたほどのQBです。 カウボーイズがエースQBトニー・ロモの契約次第では、いの1番にピックしようとしていたほどの選手。

 

そのマンジールはショートストップとして指名されていますが、野球をやっていたのは高校まで。大学ではフットボールに専念していました。完全に素材によるピックですね。背も高いので、トゥロウィツキーのようなイメージで指名したのかもしれません。

 

本人はパドレスからの指名を喜んでおりますが、選択はどうなるでしょうか?スポーツ選手としての寿命を考えるとMLBでしょうが、アメリカのフットボールに対する尊敬は尋常ではないですから、筆者はブラウンズに入団すると思っています。

 

どうなるでしょうか!?

 

 

【動画】Manziel drafted by Padres

 

 

 

 

その他、サプライズ指名というよりは話題に上った選手としては元MLBプレーヤーの息子達がピックされています。

 

 

  • マリアーノ・リベラの息子→投手:NYY 29巡目
  • カル・リプケンJrの息子→1B:WSH 15巡目
  • LADゴードンの弟でトム。ゴードン(通算138勝)の息子→ミネソタ・ツインズから1巡目(全体5位)
  • ジャレド・コザートの弟→BOS 3巡目
  • レニー・ダイクストラ(元PHI)の息子→ATL:全体223位

 

などなど。

 

今年も話題豊富でしたね。

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

draft 2014 Jun. 05 22.42

 

 

こんにちは(^^)

 

現地2014年6月5日から始まったMLB・ファースト・イヤー・ドラフト2014ですが、全体1位が決まりましたね。

 

完全ウェーバー制により、2013シーズンでもっとも勝率の低かったアストロズがピックした全体1位の選手は、17才左腕のブラッディー・エイクン。

 

 

 

【動画】Astros draft LHP Aiken No. 1

 

 

 

私は上の動画でエイクンを初めて見たのですが、とても17才には見えないですね(^_^;) 80年代か90年代のアメリカの大学生かと思えるほどのクラシックなハンサムという感じで、今ふうな感じがまったくないです。

 

しかしまだ高校生。1996年8月16日生まれで、今年の8月で18才になります。MAX94マイル(151.27キロ)、大きなカーブとキレのいいチェンジアップが持ち味の伸びしろたっぷりの投手です。

 

MAXは日本の高校生の方が速いボールを投げる投手が多いですが、左腕であること、そしてまだまだ球速は伸びる要素がたっぷりあることなど将来の有望性を買われてのNO.1ピックです。

 

ユニフォーム姿の方が10代という年齢感が出ています。

 

 

 

【動画】2014 Draft: Brady Aiken, P

そして、全体2位としてマーリンズがピックしたのがタイラー・コレック。この投手も高校生。これはゴツい素材ですよ。クレメンスが投げているのかと思いました(^_^;) 高校生なのにすごいボールを投げています。

 

 

【動画】Marlins draft RHP Kolek No. 2

 

 

全体3位は、先日のブログでもご紹介させていただいた大学生左腕のカルロス・ロンドン。

 

【動画】White Sox draft LHP Rodon No. 3

 

 

ファーストラウンドはご覧の結果です↓

 

 

  • HOU 1. Brady Aiken, LHPCathedral Catholic HS
  • MIA 2. Tyler Kolek, RHPShepherd HS
  • CWS 3. Carlos Rodon, LHPNorth Carolina State
  • CHC 4. Kyle Schwarber, CIndiana
  • MIN 5. Nick Gordon, SSOlympia HS
  • SEA 6. Alex Jackson, OFRancho Bernardo HS
  • PHI 7. Aaron Nola, RHPLSU
  • COL 8. Kyle Freeland, LHPEvansville
  • TOR 9. Jeff Hoffman, RHPEast Carolina
  • NYM 10. Michael Conforto, OFOregon State
  • TOR 11. Max Pentecost, CKennesaw State
  • MIL 12. Kodi Medeiros, LHPWaiakea HS
  • SDP 13. Trea Turner, SSNorth Carolina State
  • SFG 14. Tyler Beede, RHPVanderbilt
  • LAA 15. Sean Newcomb, LHPUniversity of Hartford
  • ARI 16. Touki Toussaint, RHPCoral Springs Christian Academy
  • KCR 17. Brandon Finnegan, LHPTCU
  • WSH 18. Erick Fedde, RHPUNLV
  • CIN 19. Nick Howard, RHPVirginia
  • TBR 20. Casey Gillaspie, 1BWichita State
  • CLE 21. Bradley Zimmer, OFUniversity of San Francisco
  • LAD 22. Grant Holmes, RHPConway HS
  • DET 23. Derek Hill, OFElk Grove HS
  • PIT 24. Cole Tucker, SSMountain Pointe HS
  • OAK 25. Matt Chapman, 3BCal State - Fullerton
  • BOS 26. Michael Chavis, SSSprayberry Senior HS
  • STL 27. Luke Weaver, RHPFlorida State
  • KCR 28. Foster Griffin, LHPThe First Academy
  • CIN 29. Alex Blandino, SSStanford
  • TEX 30. Luis Ortiz, RHPSanger HS
  • CLE 31. Justus Sheffield, LHPTullahoma HS
  • ATL 32. Braxton Davidson, OFT. C. Roberson HS
  • BOS 33. Michael Kopech, RHPMt Pleasant HS
  • STL 34. Jack Flaherty, RHPHarvard-Westlake HS

 

結果はコチラ→Draft Tracker

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

draft 2014 Jun. 05 22.42

現地2014年6月5日からスタート!




こんにちは(^^)

 

現地2014年6月5日からいよいよ2014年MLBアマチュアドラフトが始まります!!

 

期間は6/5から6/7までの3日間。

そのドラフトのピック順は昨年と同様、アストロズがNo.1ピックとなります。

 

(関連記事)

【MLBドラフト2013】ファースト・ラウンド(1巡目)の順番

2014 ドラフト1巡目オーダー

  • 1. Houston Astros
  • 2. Miami Marlins
  • 3. Chicago White Sox
  • 4. Chicago Cubs
  • 5. Minnesota Twins
  • 6. Seattle Mariners
  • 7. Philadelphia Phillies
  • 8. Colorado Rockies
  • 9. Toronto Blue Jays
  • 10. New York Mets
  • 11. Toronto Blue Jays (P. Bickford - unsigned)
  • 12. Milwaukee Brewers
  • 13. San Diego Padres
  • 14. San Francisco Giants
  • 15. Los Angeles Angels
  • 16. Arizona Diamondbacks
  • 17. Kansas City Royals
  • 18. Washington Nationals
  • 19. Cincinnati Reds
  • 20. Tampa Bay Rays
  • 21. Cleveland Indians
  • 22. Los Angeles Dodgers
  • 23. Detroit Tigers
  • 24. Pittsburgh Pirates
  • 25. Oakland Athletics
  • 26. Boston Red Sox
  • 27. St. Louis Cardinals

 

 

WIKIより

  • 前年度のドラフトで1巡目または2巡目に指名した選手と契約できなかった球団は、その選手の全体指名順位に1を加えた順位での指名権を与えられる。また3巡目に指名した選手と契約できなかった際は、3巡目指名後(4巡目指名の前)に指名権を1つ与えられる。

 

ブルージェイズは2013年1巡目、全体順位10位のPhillip Bickford とサインできなかったため、10位+1で11番目でピック出来る権利を得ています。

 

 

  • 前年度にクオリファイリング・オファーを提示した所属選手がオファーを拒否したうえ他球団と契約した場合、流出球団は補完指名権(1巡目指名終了後に指名可能)を得る。一方、獲得球団は持っているうちで最も順位が高い指名権を喪失する(ただし全体10位以内の指名権は保護され、10位以内の指名権を持っている場合は、11位以降のうち最高順位の指名権を喪失する)。

 

  • Seattle Mariners (K. Morales)
  • New York Yankees (R. Cano)5
  • New York Yankees (C. Granderson)4
  • New York Yankees (H. Kuroda)3
  • 28. Kansas City Royals (E. Santana)11
  • 29. Cincinnati Reds (S. Choo)8
  • 30. Texas Rangers (N. Cruz)10
  • 31. Cleveland Indians (U. Jimenez)9
  • 32. Atlanta Braves (B. McCann)1
  • 33. Boston Red Sox (Ellsbury)2
  • Boston Red Sox (M. Napoli)6
  • Boston Red Sox (Drew)12
  • 34. St. Louis Cardinals (C. Beltran)7


1 Signed with the Yankees, who forfeited their first-round pick.(NYYはFAでマッキャンを獲得したため、1巡目指名の権利を剥奪されています


2 Signed with the Yankees, who forfeited a Comp Round A pick..(NYYはFAでエルズベリーを獲得したため、1巡目指名の権利を剥奪されています)


3 Re-signed with the Yankees.

(NYY、黒田投手と再契約したためこの権利も剥奪)


4 Signed with the Mets, who forfeited their second-round pick. Yankees forfeited this pick for signing Jacoby Ellsbury.

(NYMはNYYからグランダーソンを獲得したため2巡目の権利を喪失。NYYはエルズベリーと契約したので2巡めも放棄。)


5 Signed with the Mariners, who forfeit their second-round pick if Kendrys Morales does not sign with another team before the Draft, their Comp Round A pick if he does.

(マリナーズはモラレスと契約。モラレスはドラフト前に他のチームと契約したなかったので、マリナーズは2巡目ピックの権利を失った。)


6 Re-signed with the Red Sox.


7 Signed with Yankees, who forfeited a Comp Round A pick.(NYYはベルトランと契約したので、COMP Aラウンドの権利も喪失)


8 Signed with Rangers, who forfeited their first-round pick. (TEXもFA選手を獲得したので1巡目ピックの権利を失う)

 


9 Signed with Orioles, who forfeited their first-round pick.
10 Signed with Orioles, who forfeited their second-round pick.
11 Signed with Braves, who forfeited their first-round pick.
12 Re-signed with the Red Sox.

 

そんな順番で進められるMLBドラフト2014。

 

今年のNO1ピックとして注目されているのが、ノースキャロライナ大学の左腕、カルロス・ロンドン。カーショウを彷彿とさせる左腕と、もっぱらの評判です!

 

カルロス・ロンドンほか、非常に注目されている選手の動画です。

 

【動画】Who will the Astros take No. 1?

 

 

 

2014年のNO1ピックは順当なものになるのでしょうか?注目です。

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、2箇所ぽちっとお願い致します。

 

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

こんにちは(^^)

 

2013年はインターリーグの制度が変わりまして、それまでの5月と6月の2回に分けて集中的に行われる制度から、一年中どこかしらで行われているというスケジュールに変わりました。

 

したがいまして、開幕戦でいきなりインターリーグが行われたチームもありますし、タイガースのように9月の最後にインターリーグが組まれているチームもあります。

 

そして、本来行われていたこの時期に来まして、全てのカードがインターリーグとなりました。

 

さらに注目すべきポイントは、アメリカでは盛り上がる、ご近所チーム同士の対戦であるということです。

 

 

ご参考までにMLB地図の記事を

e62013 MLB メジャーリーグ・マップ

 

 

【現地2013年5月27日から30日まで行われている有名なインターリーグの呼称】

 

  • NYY-NYM :ニューヨーク州(サブウェイ・シリーズ)地下鉄で行き来出来ることから。

 

  • LAD-LAA :カリフォリニア州ロサンゼルス(ハイウェイ・シリーズ)ハイウェイで30分ほどの距離にあることから。フリーウェイ・シリーズともいいます。

 

  • CWS-CHC :イリノイ州シカゴ(ウィンディーシティー・シリーズ)シカゴは「風が強い街」ということから

 

  • KC-STL:ミズーリ州同士(I-70・シリーズ)Interstate70という州間道路で挟まれていることから。

 

  • OAK-SF:カリフォリニア州サンフランシスコ(ベイブリッジ・シリーズ)湾の両岸にあり、ベイブリッジで行き来出来ることから。

 

  • TB-MIA:フロリダ州(シトラス・シリーズ)フロリダ産のフルーツの名前を文字って。

 

  • CIN-CLE:オハイオ州(バトル・オブ・オハイオ)独立戦争での闘いにちなんで。

 

 

あと、名前は特についておりませんが、ご近所の州ということで、

 

  • MIL-MIN :ウィスコンシン州とミネソタ州(隣り同士)
  • BOS-PHI:マサチューセッツ州とペンシルバニア州の東(ちょっと離れてはおりますが)
  • DET-PIT:ミシガン州とペンシルバニア州の西(5大湖の1つ、ヒューロン湖を挟んで)

 

 

USA state map May. 28

アメリカ合衆国の州(WIKIより)クリックで拡大

 

BAL-WSH、ATL-TOR、TEX-ARI、COL-HOUも割りと近いチーム同士の対戦ですね。

 

 

SEA-SDが1番離れたカードになるようです。

 

 

ちょっとこころにくい組み方をしている2013年5月末のインターリーグなのでした。

 

 

31日からは元のリーグ戦になり、唯一行われるインターリーグはパドレスVSブルージェイズの対戦。(31日から2日まで)

 

 

 

【参考記事】

e62012版MLBのインター・リーグ(交流戦)

 

 

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

 

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

 

(σ ̄▽ ̄)σ にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

こんにちは(^^)



MLBでは毎年ウィンターミーティングの最終日にルール5(ファイブ)ドラフトが行われます。

 

 

■ルール5ドラフトとは?

 

MLBのドラフトには2種類あります。1つは、新人を選択する「ファースト・イヤー・プレーヤー・ドラフト」と

呼ばれるもの。ルール4(フォー)ドラフトでも同じ意味になります。



こちらは米国の学年の区切りが5月下旬から6月初旬に設定されているため、このような時期に行われます。



e6MLBドラフト、全体1位ってどういうこと??

 

もう一つがルール5ドラフトです。



これは、MLB規約の第5条に規定されているからそう呼ばれるのですが、どういう目的の制度かといいますと、有望な選手がマイナーで飼い殺し状態になっているのを防ぐためにチャンスを広げるというのがその目的です。





ですので、対象選手はすでにファーストイヤー・プレーヤー・ドラフトで選択されて入団している既存の選手ということになります。

 



メジャーリーグは25人枠のアクティブロスターがいわゆるベンチ入りの人数です。これに入らないとゲームに出られません。その25人枠に入るためには40人枠に入っている必要があるわけです。





その40人枠がいわゆる、「メジャー契約」の選手で、それ以外の選手が「マイナー契約」の選手です。

 

e6【用語集】マイナー契約

 

メジャー契約かマイナー契約かで選手にとっては待遇も違いますし、この差は非常に大きいです。一方のクラブ側も財源が無限ではないわけですから、ある程度予算を取っておく必要があり、制度として40人枠というロスター(選手登録)のシステムが出来上がりました。

 

ですので、せっかくのいい選手なのに、クラブ側の都合で、何らかの理由で試合には出せないんだけれど、どうしても将来のために囲っておきたいということも出てきてしまうのです。



そうなると、寿命の限られている選手にとってはまさに死活問題です。そういったケースをなくして、MLB全体にっとってもいい選手をどんどんゲームに出していくために、再配分しようではないかというのが、このルール5ドラフトの全体象です。

 

 

■ルール5ドラフトの内容

 

このルール5ドラフト、結構機能してます。



どんな選手がこの制度で陽の目を見たのかといいますと、、、ロベルト・クレメンテ、ヨハン・サンタナ、ジョシュ・ハミルトン、R.A.・ディッキー、スコット・ポドセドニック、ホアキン・ソリアなどなど、、、いい選手が揃ってますよね!!!

 

やはり埋もれてしまう選手が出てしまうんです。



 

ルール5ドラフトはマイナー契約の選手しか指名できません



だから40人枠が大事になってきます。



ウィンターミーティングではこの最終日までにクラブは40人枠を埋めるべく選手を獲得に走ったり、マイナー契約のオファーを出したり、Non-tender(翌年の再契約のオファーなし)したりして40人枠を決めていきます。最終日までにロスターが38人とか39人など、40人に近いところで最終日を待つクラブも多いです。

これがロスターによる制限です。

 

年齢による制限もあります。

  • 18歳以下で入団した選手のうち、ルール・ファイブ・ドラフト実施日の時点で在籍年数5年未満の選手は指名できない(仮に、18才で入団なら、23才超えるまではダメということになります。)
  • 19歳以上で入団した選手のうち、ルール・ファイブ・ドラフト実施日の時点で在籍年数4年未満の選手は指名できない(大学出で21才で入団した場合、25才になっていないと、指名はできない)




ある程度、クラブで育てる期間も決められています。そうしないといい選手をドラフトしたのにも関わらず、かっぱらわれてしまいますので。ドラフトの意味がなくなります。

 

ルール5ドラフトで獲得した選手に対しては、、、

  • 3Aから指名した場合は相手チームに5万ドル支払う。
  • 指名した選手は翌シーズン、必ず25人枠に入れないといけない。(25人枠から外すことは許されない)
  • DL(故障者リスト)への登録は可
  • 故障者リストに登録せず25人ロースターから外す場合は、速やかに元のチームへ選手を返還し、選手を返還されたチームは25,000ドルを払い戻さなければならない
  • 返還先のチームが選手の返還を望まない場合はウェーバー公示され、第三者のチームが獲得できる。ただし、第三者のチームがウェーバーで獲得した場合も上記の規定が適用される。 (WIKIより)






指名した選手を一番上のランクのMLBで試合起用するため獲得した場合のルールです。メジャーリーグ・フェイズと呼ばれます。




マイナーリーグ・フェイズというルールもあります。マイナーリーガーとして指名した場合のルールです。




  • ダブルAのチームから指名した場合は相手チームに12,000ドルを支払う。
  • シングルA以下から指名した場合には相手チームに4,000ドルを支払う。
  • AAからの指名の場合は必ずAAAのロースターにシーズン開幕時には登録しなければならない
  • A以下からの場合は必ずAAのロースターにシーズン開幕時には登録しなければならない。
  • ただし、途中でそれぞれのロースターから外れてもかまわない。




以上がルール5ドラフトの内容です。




■2012は誰が指名された??


1位はアストロズ(勝率が最低だったので一番くじ)が指名したレッドソックス傘下3Aポータケット・レッドソックスに所属するジョシュ・フィールズJosh Fields)。
ジョシュ・フィールズは27才。2012シーズンは4勝3敗。2008年マリナーズから1巡目(全体20位)で指名された右投手です。


来年、注目しましょう!




2012のルール5ドラフトで指名された選手のリストです。

http://atmlb.com/YHO5sJ




【動画】アストロズのルール5ドラフト(2012年12月6日)

 

 

きらきらお読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

お手数かけますが、ぽちっとお願い致します。(σ ̄▽ ̄)σ

ブログ内検索
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
マイル⇒キロ変換
↓ポチっと2箇所をクリック↓
ご訪問ありがとうございます!
記事タグ(頻度順)
大リーグ観戦ツアー
HISなら、MLB/NBA/NFL/NHL観戦可能

ScreenHunter_01 Jul. 03 00.18

▼▼▼▼▼▼▼
HISのMLB観戦ツアー(出発地の選択可能)



【手荷物検査はバッチリ】


透明バッグ

ヤンキースタジアムで重宝します

▼▼関連記事▼▼

イチロー選手を見に行こう!

ヤンキースタジアム入場のコツ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
人気記事ランキング
ブログパーツ
イチロー選手関連商品
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

トレード・ルーモア
MLB中継お役立ちBook

オフライン中はこれで知識を更新!

 

▲2017 MLB選手名鑑




▲2016 MLB選手名鑑





▲2015 MLB選手名鑑





 

▲2014 MLB選手名鑑

 

 

 
▲2013 MLB選手名鑑

 

 

 


▲ダルビッシュ投手デビューイヤー!2012MLB選手名鑑

 

 



▲統計学にも




この1冊の知識でも十分です!
CD付き

高評価のMLB英語本 いいです!





「英語でどう言うか?」 これを1位にしてもいいかも。




ベースボール和英辞典

(2007年発売)









綱島理友のアメリカン・ベースボール徹底攻略ブック

プロフィール

Hirotee

Author:Hirotee

2007年、念願のMLB観戦を果たす。現在、会社役員をやりながら、空いた時間はもっぱらMLB観戦。MLBの他に、映画と小説が趣味。マック・ブック・プロを使用、入力方法は親指シフト。
コンタクト先はjitctsuiteruだからシャーザーが好きなんだ!gmail.com
だからシャーザーが好きなんだ!を@に変えてください。

輸入盤DVDを見る方法
【オススメ輸入盤DVDソフト】

まさに名作の域

New York Mets: 1986 World Series Collector's Edit [DVD] [Import]

その他輸入盤DVDは==>ココ


【注意】リージョンフリープレーヤーはお持ちですか?
輸入盤のDVDの再生にはリージョンフリープレーヤーが必要です。

詳しくは===>ココ

※ブルーレイディスクは輸入盤でも日本製プレーヤーで再生可。

【リージョン・フリー・プレーヤー】
人気ランクベスト2♪


リージョンフリー設定済み 保証付 DVDプレーヤー DS-DPC261BK

販売価格: 最安¥ 4,000前半
リージョンフリー済みなのでラクチン



Pioneer DVDプレーヤー DV-220V

販売価格: 最安 ¥ 4,000後半
要リージョンフリー設定作業。 画像はとても綺麗



↓↓↓
レビュー評価の高いリージョン・フリーDVDプレーヤー

Amazon プライムビデオ
話題のKindle
オススメ本
当ブログ筆者が他人に胸を張ってオススメできる本です。ご興味あれば、クリックしてレビューなどをご覧ください。

【朗報です!】

西加奈子さんの『サラバ』が文庫本でも発売です!

私は文庫になるまで待てなくて、ハードカバーで読みましたが、この小説、勇気が出ます。

会話もリアルだし、本当におもしろい。

 

サラバ! 上 (小学館文庫) 文庫

 

 

 

 

【実話】殺処分されるはずの猫が起こした奇跡とは?


泣けます

明日もいっしょにおきようね─捨て猫、でかおのはなし

 

【心にしみわたる名著】

灯台下暗しとはまさにこのこと。
日本にはこんなに素晴らしい価値観があるのです。思い出させてくれる名著。どんな成功本もこの本の前にはかないません。

修身教授録 (致知選書)

 

【「日本人とは何か」】

熱弁2時間!甲子園でも有名な花巻東高校の全校生徒が声一つ立てず聞き入った白熱の講演。

日本のこころの教育

 

【アンソニー・ロビンズの名著】

『Unlimited Power』

素晴らしい本です。原書は日本語訳の4倍ほどの厚さがあります。原書を読まないのはもったいな過ぎる!電子辞書の力が必要かもしれませんが、TOEIC700くらいの方なら理解できます。

▲Unlimited Power: The New Science Of Personal Achievement


PAGE TOP
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...